適性

You are currently browsing articles tagged 適性.

システムエンジニアの仕事はハードであることから、辞めたいと思う人は少なくありません。

就職前に仕事の適性をチェックするテストというものがありますが、たとえテストに合格したとしても、長く続かない人もいます。

そこで、システムエンジニアの適性と実際の仕事の状況について知っておくことが必要です。

適性テストでは、コンピュータ職に向いているのか否かを判断します。

具体的にはプログラミングに必要となる論理的思考のチェックと柔軟性、そしてバイタリティはコミュニケーション能力を調べることになります。

後者は特にリーダーとしての資質を問われるものです。

このテスト自体は、対策を立てることができるので、実際のところ高い点数を取ることは可能です。

そのために、試験に合格しても仕事が続くかどうかは分からないというわけです。

そこで、本当に仕事に向いているのかどうかを自分自身に問いかけることが必要になります。

大切なことは、プロジェクトを率いる管理という仕事に興味を持っているかどうかです。

システムエンジニアは技術者とは異なり、大抵の業務は自分の思い通りにはいかないものです。

その点にストレスを感じるために辞めたいと思うようになるわけです。

逆に言えば、思い通りにならない状況でストレスを感じるのではなく、やり甲斐を感じるようでなくては務まらないことになります。

真の意味での適性は、前向きな姿勢を保てるか否かということになるでしょう。

活躍を夢見て就いたシステムエンジニアの仕事に埋まらないギャップを感じているのなら、違う道を模索してみる時期かもしれません。

環境を変えれば、システムエンジニアを辞めたいという思いに囚われていた自分を肯定してくれる新たな活躍の場が見つかる可能性はあります。

Tags: ,